スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ポケットの中には・・・
2006-07-16 23:57
今日は舞台を2つ見てきました。
そのうちの一つがこれ↓

スイッチを押すとき スイッチを押すとき
山田 悠介 (2005/08)
文芸社
この商品の詳細を見る


「そのボタンを押せば、君の心臓が止まる」

自殺するために作られたスイッチを持たされた10歳の子供たち。
実験材料になった彼らは次々とスイッチを押し、
青少年自殺抑制プロジェクト(通称YSC)は大きな成果を上げていた。
しかし、この研究所には、いまだ4人の生き残りがいた・・・。
自殺最多国ニッポンで生きる意味を問う衝撃のストーリー!
(チラシより引用)

一緒に行った友人に言われるまで『リアル鬼ごっこ』の作者さんの作品というのに全然気づいてなかった(苦笑)
まぁ、『リアル鬼ごっこ』は本屋でちらっと立ち読みしただけだったから記憶に残ってないのは仕方ないか。

で、今回の『スイッチを押すとき』ですが・・・。

え~っと、まだ公演期間中なのと、私自身が作品を飲み込めてないので書こうとは思っても何を書こうかって状態です。
取りあえず隣に座ってた人の話がちらっと聞こえたのですが、原作とは展開が違ったようです。
(原作はどんな展開だったんだろう?)

取りあえず、まずは本編以外のことを。
劇場が青山円形劇場だったんです。
円形劇場が初めてだったのでびっくりしました。
360度からみる演技はかなり新鮮でした。
あと、役者だけでなく自分も見られている感が(笑)
(実際向かい側の席のお客さんとか自分の目に入ってきますからね)

で、唐突ですが、私は結構(いやかなり?)感情移入しやすい方だと思ってます。
が、今回はどの役にも感情移入しなかった!
ある意味初の体験でしたよ。
なのになんでか最後にちょろっとだけ涙が。
もうそれが不思議で仕方なかったです。

内容は…最初に書いた通り自分の中で感想を書くほど咀嚼できてないんですが、直感的な感想は「役に感情移入したら…捕らえ方が変わるなぁ」って感じです。
・・・・あ、だから役に感情移入できなかったから大雑把な感想しか今持ててないのか。
(書きながら頭の中を整理してる感じだな(爆) まぁ、この前に見ていたのがテンション高いのだったから切り替えが出来てないのもあるか…(苦笑))

取りあえずもう一回考えながら見たいような、内容が重いから1回でいいような…そんな感じです、はい

しかし・・・良いシーンで携帯が鳴ったのは・・・もう・・・ねぇ
...( = =) トオイメ
どこでも言われている最低限のマナーでしょ_| ̄|○
(あぁ・・・そういえば、ここで舞台に集中していたのがプチっと切れたなぁ 涙)





おまけ
登場人物のポケットに常に入ってるスイッチ。
手のひらに収まる円筒形のもの。
帰宅中に自分のポケットに手を入れたら・・・。
スイッチ?

タバコの景品の小さなライトです。
劇中のはもうちょっと大きけど、微妙にタイムリーなので苦笑してしまった。

ふぅ、文章ぐだぐだですみませ~~ん(逃)
スポンサーサイト
別窓 | 演劇・芸能 | トラックバック:0 | コメント:2 | top↑
<<はぁとに火がつくぜ♪ | Star of a Guidepost | 次はこれ>>
コメント
レス♪
★月等さん>
スイッチ、読んだらまた感想UPしますよ。
(いつになるやらですが 苦笑)
2006-07-24 07:10 URL | 高樹 #-[ 内容変更] | top↑

でも面白そうですね~
私も未だリアル鬼ごっこ読めてませんが、これも面白そうですね!
2006-07-23 07:57 URL | 月等 #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Star of a Guidepost |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。